Girl Scouts Saitama 50th

Web site navigation

Senior Report / シニア活動報告

Senior Report 2010

団キャンプの感想

私が一番思い出に残ったのは、会津若松の飯盛山です。なぜかというと、白虎隊のことを詳しく知ることができたからです。白虎隊の他に玄武隊や朱雀隊がいたことも初めて知りました。

二番目には、「赤べえ」の絵付け体験をしたことです。絵付け「赤べえ」は、最初はきれいだったけど、どんどん修正していくうちに、きたなくなってしまいました。会津若松市ではいろいろなことを学ぶことができて良かったです。駅からキャンプ場まで、路線バスで1時間半も乗ったのは初めてでした。

七入キャンプ場は少しぬかるんでいて、くつがすぐに汚れてしまいました。キャンプ場での初めての夜はシニアだけだったので、とてもこわかったです。

三日目は忙しくて、テントを出てからあまり休憩ができなくてつかれました。カレー作りは炒めるのが大変だったけど、おいしくできてよかったです。

この団キャンプ一番の反省は、テントの中にいろいろと物を置いて、探し物がすぐに見つけられなかったことです。次のキャンプでは、今回の失敗や反省を活かせるように頑張りたいです。(K.S.中1)

団キャンプ感想

私たちシニア部門は、今年の団キャンプをいつもと違う行き方をしました。通常のキャンプなら、みんなと一緒にバスで行きますが、今回は電車で移動し、福島を観光してからキャンプ場入りしました。

福島を観光した中で、一番印象に残っているのは武家屋敷です。幕末の家臣家老の屋敷が再現されていて、なんだか自分もその世界に入っているみたいで、すごくかっこよかったです。

武家屋敷の中でも、今と昔での差を感じられたのは部屋数が多いことと、トイレです。屋敷は尋常でないほど大きく、それに、戦う時に身につける胴着などだけをしまっておく部屋があり驚きました。

トイレも便器があって、そこには穴が開いているだけという、本当のぽっとんトイレでした。たくさんの文化歴史に触れられた今回のキャンプ、またこんな経験をしたいです。(R.S.中2)


Information about this web site

© Girl Scouts Saitama 50th