上南コーチング

あいさつをしよう!
 声を出して自分の意志や思いを伝えることはとっても大事です。サッカーでは「自分の判断」がとても大切だとされています。刻々と変化する状況を自分の眼で見て、自分で判断し、自分でプレーを選択しなくてはなりません。このことを上南では、小学生年代にあわせて「自分の眼で見て、自分で判断して、自分から発言し、行動する。」ことが大事、と教えています。
 又、日本協会では選手育成の指針で「クリエイテイブでたくましい選手」というキーワードを使っていますが、これも上南では「心もからだもたくましい選手」ということに置き換えて育成・指導を図っています。上南の描く選手の将来像、それはまさに日本のそして世界の次代を担うたくましい人材であり、鋭い着眼点から問題の本質を見抜き、声高らかに発言し世論をまとめあげていってくれることを願って止みません。
 今年はこの大目標に加えて「Look before! Think before!」(事前に見て、事前に考える)を2005シーズンのスローガンとして掲げました。ボールが自分のところに来る前に、そして相手がツメテくる前にいち早く自分の眼で見てそして判断をする質の高いプレーを目指したいと思います。